脱毛のことはもう忘れましょう。あいつはもうだめだ。

両ワキとVラインの自己処理を脱毛サロンでするようになってから、これまではトラブルが多かった私のワキの醜さも相当なレベルでいい状態をキープすることができています。現在では肌荒れの元凶だったカミソリは全然使用を控え、施術を予約した前日の自己処理はもっぱら電気シェーバーを愛用しています。これも、肌ケアにも詳しいプロのエステティシャンの方のアドバイスのおかげです。ハイジニーナ脱毛の施術範囲は、各脱毛サロンによって微妙な違いがありますが、これは単なる名称の付け方の違いであって、全体的に見た場合、どこも大差はないのが現実です。単なる脱毛範囲の名称の違いは問題ではないと言っても過言ではありません。欧州の富裕層の間では1本残らず処理してツルツルにするのが常識という話も聞きました。VIO脱毛はハイジニーナ脱毛ともいうそうで、実はハイジニーナとは「衛生」を表しているらしいです。ハイジニーナ脱毛はおしゃれよりもむしろ衛生面を考えての脱毛であることがよく分かる豆知識です。ハイジニーナ脱毛をお願い時に心配になることのひとつが、完了後のVゾーンの形です。大半の脱毛サロンではVゾーン全体の広さやフォルムを希望どおりに注文することができます。多くの方が希望するのは、毛のあるところは小さくして形は逆三角形らしいです。一たび脱毛の効果に目覚めると、他のパーツの脱毛もしたくなるという話は良く聞いていました。自分にはまだだいぶ先の話だろうと高を括っていたのですが、その時は予想外に早く訪れました。もともと人よりも毛深いことにコンプレックスを持っていた私の興味は、とっくに次の脱毛プランに向かっています。私が次に興味を持ったのはVIO(ハイジニーナ)脱毛です。Vラインだけは両ワキとセットの契約で脱毛してもらっていますが、Vラインは足の付け根に沿った部分だけで、アンダーヘアのほんの一部分にすぎません。もっと全体的に面積を小さくしたいし、もっと薄くしたいんです。デリケートゾーンの出来上がりを自慢できるようにするための極意は、一目で分かるようなギャップをなくすことだそうです。ですから脱毛開始後しばらくはアンダーヘアを無毛の状態にして全体的に薄くしていくのが定石らしいです。確かに処理跡が分かってしまうととっても残念ですからね。したがってアンダーヘアの見えないところまで脱毛してもらえるVIO脱毛しかありません。陰毛って脱毛サロンでムダ毛処理してもらうようになるまでは残しておくのが一般的だと思っていましたが、全剃りした方が実はいいらしいということも初めて知りました。なんといっても生理の時にとっても楽になるし、ニオイやムレを気にする必要が大幅に減るそうです。関心があることとしてはアンダーヘアの脱毛をどこの脱毛サロンで行うかなんですが、候補としては「ミュゼプラチナム」「エピレ」「ピュウベッロ」などが有力のようです。回数・料金・その他の特徴など、陰毛の脱毛をするうえで情報を提供してくれたサイトを紹介したいと思います。大手の脱毛サロンでは、どこでもVIO脱毛を安心して受けることができるようですが、十数年前までは必ずしもそうとは限らなかったようです。大事な部分だけに、それだけ高い技術力が求められていたことがその理由のようです。技術の進歩ってありがたいですね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ