どんなケースであっても、インプラント

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活を送ってください。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
費用を払いきれるかどうか心配になる方も多いのが当然です。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってがんばって禁煙に励みましょう。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。
ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも相当差が開きます。
そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けることも十分あり得ます。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることに努めましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ