例外はありますが、インプラン

例外はありますが、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。
確定申告をするときの注意点として治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラントの費用治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントの費用を埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方もインプラントの費用治療のリスクが増大します。もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。
インプラントの費用埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
審美性を考えた場合、インプラントの費用とブリッジを比較して、インプラントの費用の方が良いと言えます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ