インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部の義歯になる部分を装着します。
おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。インプラント治療の成功を願うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。
全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。
一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。
また、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。
感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療に取りかかることはできるケースが増えました。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすのが無難です。普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ