典型的なインプラント治療は、3つのハー

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント 治療費治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。
インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。この治療の費用は歯科医院ごとに大きく異なります。
インプラント 治療費治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。インプラント 治療費一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場です。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。高額なインプラント 治療費は、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。現在、インプラント 治療費の人工歯根はチタンが多くなっています。
金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント 治療費治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。
院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。
虫歯の危険性は、インプラント 治療費にはありませんが治療後はほっておいていいと考えてはいけません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ