虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことにな

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。
保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。
問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。それは本当のことではありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。
検査には問題ないのです。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。
これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。
歯科医院決定に大事なのはインプラント治療経験者の口コミです。
高い費用も、一括払いには限りません。分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ