歯科医でインプラント治療を勧められた方も

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。
現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。
リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。
自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
インプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。
それは気にしないでください。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。
そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ